4月。新入社員が入って、新入社員教育に関わっているという人もいるかと思います。大きな会社の新入社員教育は日本独特で、学生的な気分から、社会人としての意識を持つ移行期間として捉えられます。通常新人教育では、新入社員全員に、会社の製品情報、各部門の仕事の役割、さらに社会人としての基本マナーなどを教えます。そして、部門ごとにOJTが行われます。

新入社員教育は人事や教育部門が中心となり企画され、部門内でも新入社員受け入れにむけて数ヶ月前から準備がなされることが普通です。では、キャリア採用(中途社員)向けの教育などはどうしていますか?というと、あまり体系化していない場合がほとんど。人事も即戦力として採用しているので、教育は部門に任せている、というところが多いようです。実際私も中途で入った時には、人事からの事務手続きや、IT関係のトレーニングくらいで、あとは所属の部門で教育をうけましたし、部門内の中途社員の教育にも携わりました。

そこで考えたいのが、即戦力としてすぐに力を発揮してもらうにはどんなことを教育したらよいのか? ということ。

答えは、ずばり、「会社の中の人間関係や力関係を教えること」です。

会社に勤めているとよくわかると思いますが、社内の政治を理解してうまく人間関係を構築していくことが成功への近道です。どういう風に力関係や、政治を教えるかというと、実際に会議などに出席して、その前後でのレビューのときに色々話していく、というOJT型がよいです。

即戦力をすぐ活かすには、採用を決めた時点で、新しい人に何を担当してもらうか、誰から引き継ぐか、どのチームに所属するか、などをきちんと決めておいて、トランジッションプランを立てておくことが大切です。よくありがちなのが、上司が「新しい人にはB製品を担当してもらおう、Nくん、君が面倒みてやってくれよ」とだけいう場合。入社してきたGさんはNさんから的確な指示がもらえず、「とりあえずB製品について勉強して、これ読んでおいて」などとだけ言われて、しばらくやることもない、何をしていいかもわからない、などということ。上司はNさんにもう少し具体的にトランジッションの仕方などを決めてもらうべきです。たとえば、Nさんは新しいGさんと一緒に1ヶ月間は会議にでて、製品について教える、製品メンバーに紹介する、3ヶ月後のトレードショーには自分一人でいってもらう、などです。こういった期間に人間関係やこの会社の仕事のやり方、などを話していくとといいでしょう。ただ、あまりに偏見のある見方を伝えるのはよくないことはもちろんです。中途として入る方も、自分が仕事をしていくうえで誰を押さえておいたほうがいい人か、などを注意深く観察することが大切です。他の人から、誰に注意したほうがいい、誰はよく助けてくれるなど、ということを聞いても、頭から信じないで、自分で確認してみよう、という気持ちでいましょう。

このように、中途社員をすぐに活かすには、事前の念準備があってこそなのです。今後転職する人は、入社したら製品やサービスの知識はもちろん、社内の人間関係、政治にも注意をむけてみることをおすすめします。